2019年1月6日
関ケ原の合戦はなかった

この本を見つけたときは、震えがきました。

清水草一アイコン

1年ほど前、BSの『諸説あり!』という番組で見て以来、関ケ原合戦の新しい解釈が非常に気になっておりました。

それをまとめた本はまだなかったのですが(たぶん)、それがついに出たのです! というか、出たのは半年くらい前だけど。

夢中で読み通しましたが、とにかく唸るしかありませんでした。

歴史ファン必読の書であります!

清水草一アイコン

私は関ケ原が大好きです。

数ある古戦場の中でも、景色の見通しがよく、最も往時をしのびやすいですし、なにしろ天下分け目の決戦、超オールスター戦ですから。

都合5~6回は訪れていると思います。

清水草一アイコン

諸将の陣跡等には必ず碑が建てられていて、それをめぐる楽しみの大きさも、他の古戦場ではありえません。

写真は大谷刑部吉継の本陣跡です。

 

清水草一アイコン

しかしそれらのほとんどは、明治になってから陸軍参謀本部が勝手に決めたもので、根拠はないのですね……。

こちら(写真)の笹尾山など、三成の本陣跡とされていますが、まったく戦場でもなんでもないとのことであります。

司馬史観が骨まで刷り込まれた私のような者からすると、足元が崩れるような衝撃ですが、それが実に快感です。

とりあえず、実際の関ケ原の合戦は、従来説よりもうちょっと西南の、大谷吉継の本陣跡あたりを中心に、はるかに小規模に行われ、西軍はあっという間に崩れて大敗北を喫したとのことであります。

私のような者には、何が真実かはサッパリわかりませんし、著者も、そういった「物語」の豊かさを決して全否定するものではない、と書いてらっしゃいます。

いずれはもう一度関ケ原を訪れ、新説に沿った古戦場巡りをしてみたいと思います。

清水草一Facebook個人ページにて、そういち徒然草へのコメントをお待ちしております!

徒然草記事ループ
そういち徒然草月別アーカイブ
そういち徒然草月別アーカイブ
お知らせ
自主制作DVDのお知らせ
清水草一とつながる
清水草一とつながる

清水草一個人のFacebookアカウントやYouTubeチャンネルへのリンクです。お友達申請・チャンネル登録をよろしくお願いします!

清水草一個人ページを見る YouTubeを見る

清水草一メールマガジン
メールマガジン登録

こちらでご登録いただくと、月イチ(目標)で、清水草一メールマガジン『節約通信』を配信させていただきます。 実にツマランものですが、ハナクソほじり程度の暇つぶしにしていただければ幸いです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

性別: 男性 女性

生年月日:

YouTubeチャンネル
清水草一YouTubeチャンネル
スポンサーリンク下部
スポンサーリンク