2019年6月8日
東八道路の光と影

感動と失望が入り混じっております。

清水草一アイコン

 本日開通した東八道路の未開通区間(三鷹市ー杉並区)。

 まずは午前10時からの開通式典に出撃しました。

 ある意味式典なんてどーでもいいわけですが、ものすごい人数の東京都職員が動員されてました。

 会場に入ろうとしたら、警備員に「関係者の方ですか?」と聞かれ、「いえ、近隣住民です」と答えたところ、「あちらのモニターでご覧ください」と、会場脇のスペースに誘導されました。

 住民スペースには、最終的に50人くらい集まったでしょうか。みなさん穏やかな感じで、モニター越しに小池百合子都知事の挨拶等を眺めておられました。私もですが。

 その住民スペースの周囲にも、都の職員が3メートルおきに立って、有事?に備えていました。

 ひょっとして開通反対を訴える団体のシュプレキコールみたいなものがあるかなと思ったのですが、なかったです。

 ひとりだけ、「2車線はNO! 1車線に」と訴える紙をバッグに張り付けた女性がいらっしゃいましたが、大変もの静かなご様子で、すべてが平和裏に進行しました。

清水草一アイコン

 小池知事はあいさつだけして帰ったのかと思いましたが、ちゃんと最後までいらっしゃったようです。

 奇跡的に激写に成功しました。

清水草一アイコン

 そして感動のくす玉割り!

 つっても開通はこの4時間後くらいでしたけど。

清水草一アイコン

 開通後、走り初めをしましたが、東八道路はもともと信号が猛烈に多く、そのタイミングも最悪。

 新規開通区間は、信号は少ないですが、やっぱりタイミングは最悪で、幅員が広いため(全体で60m)、歩行者が渡り切るために赤信号も長い。

 半世紀以上の努力の末に開通した道路ですけど、信号がすべてを台無しにしているように感じ、とてもガッカリしました。

 道路そのものはすばらしいです。歩道も自転車道も植樹帯も玉川上水両側の緑地帯も。たいへん贅沢な道路です。1キロあたり100億円以上かかっていますが、それだけのことはあります。

 この近辺の住民パワーは伝説的にものすごいので、皆様に納得していただける道路にするために、半世紀以上の年月がかかったわけですが、おかげで、お散歩したり自転車で走ったりするには、本当にステキな道になりました。

 でも、やっぱり東八道路は、あんまりクルマでは走りたくない道でした。

 が、三鷹市新川在住の担当Kは、人見街道や下本宿通りのウルトラ渋滞に苦しんできたので、「ただただ感動です!」と涙を流して喜んでいました。

 本当によかったです。

清水草一Facebook個人ページにて、そういち徒然草へのコメントをお待ちしております!

徒然草記事ループ
そういち徒然草月別アーカイブ
そういち徒然草月別アーカイブ
お知らせ
自主制作DVDのお知らせ
清水草一とつながる
清水草一とつながる

清水草一個人のFacebookアカウントやYouTubeチャンネルへのリンクです。お友達申請・チャンネル登録をよろしくお願いします!

清水草一個人ページを見る YouTubeを見る

清水草一メールマガジン
メールマガジン登録

こちらでご登録いただくと、月イチ(目標)で、清水草一メールマガジン『節約通信』を配信させていただきます。 実にツマランものですが、ハナクソほじり程度の暇つぶしにしていただければ幸いです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

性別: 男性 女性

生年月日:

YouTubeチャンネル
清水草一YouTubeチャンネル
スポンサーリンク下部
スポンサーリンク