2017年4月23日
世界三大軍事的天才

は誰かという議論はあまり聞いたことないですが、私はアレクサンダー大王、チンギス・ハーン、ナポレオンではないかと考えております。

清水草一アイコン

 軍事的天才とは、機動力(当時は騎馬力)を縦横無尽に使用し、兵力で絶対的に不利な状況でも、勝利をもぎ取りまくる人物です。チンギス・ハーンは兵力でも有利な状況を取るのが常だったので、若干違うかもですが。

 ちなみに司馬遼太郎先生は、日本における軍事的天才は源義経のみと語っておられます。わずか100騎程度とはいえ、騎馬力を縦横無尽に使い、絶対的に不利な状況で何度か勝った唯一の人物ですので(一の谷と屋島)。

 ところで、私が勝手に認定いたすところの世界三大軍事的天才のうち、2人が、ともに征服した名都があります。
 それが、現ウズベキスタンのサマルカンドなのです!
 私がサマルカンドに行ったのは、上記2大英雄に加えて、チムールという英雄(写真の騎馬像)を生み出した都だからであります。

清水草一アイコン

 サマルカンドはもともと、こちらのアフラシャブの丘にありました。

 ここをアレキサンダー大王を始めとする多数の英雄たちが征服し、最後にチンギス・ハーンが徹底的に破壊(1220年)。現在も荒涼たる草原のままです。

清水草一アイコン

 その後地元の英雄であるチムールが、丘の南側に再建されたサマルカンドに各征服地から職人を強制的に集めて大建設事業を行い、チムール帝国の都として、シルクロードの十字路として、栄華を極めたという流れであります。

 地続きの大陸で馬という機動力を集中的に使うことで、軍事的天才たちは想像を絶する征服事業を成し遂げました。非騎馬民族である日本人には考えられない流動性と申しますか、動きのダイナミックさに圧倒されるばかりです。

清水草一アイコン

 その代わりと言いましょうか、チンギス・ハーンを筆頭とする遊牧民の英雄たちは、とてつもない虐殺と破壊を行いました。旧サマルカンドも、チンギス・ハーンによって30万市民のうち20万人以上が殺され、町そのものも再建不能なほど破壊されました。
 これまた日本人からすると想像を絶するレベルで、「お前らそれでも人間か!」と言いたくなるでありますね。

 民進党がテロよりもありもしない安倍総理の暴走を恐れるのは、そういった激しい侵略を受けたことがない歴史に原因があると思うであります。

 写真は、チンギス・ハーンのイメージです。

清水草一アイコン

 日本の歴史は本当に穏やかでいいです。他民族の侵入は有史以来ほぼないし、市民の大虐殺なんて1回もありません。信長の叡山焼討ちとか伊勢長島一向一揆焼討ちとか、世界史の中では本当にかわいいものです。

 サマルカンドで、遊牧民族のダイナミックさと、好対照な日本人の箱庭ホンワカ文化に、ともに手を合わせたい気分になりました。

 そんなホンワカな日本人が対外戦争で強かったのは、禅を基礎とする武士道が形成されたからでありましょうが、それはまた別の機会に。

清水草一Facebook個人ページにて、そういち徒然草へのコメントをお待ちしております!

徒然草記事ループ
そういち徒然草月別アーカイブ
そういち徒然草月別アーカイブ
お知らせ
自主制作DVDのお知らせ
清水草一とつながる
清水草一とつながる

清水草一個人のFacebookアカウントやYouTubeチャンネルへのリンクです。お友達申請・チャンネル登録をよろしくお願いします!

清水草一個人ページを見る YouTubeを見る

清水草一メールマガジン
メールマガジン登録

こちらでご登録いただくと、月イチ(目標)で、清水草一メールマガジン『節約通信』を配信させていただきます。 実にツマランものですが、ハナクソほじり程度の暇つぶしにしていただければ幸いです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

性別: 男性 女性

生年月日:

YouTubeチャンネル
清水草一YouTubeチャンネル
スポンサーリンク下部
スポンサーリンク