2003年3月17日
ドイツ車マガジン取材の巻

 私が連載しているドイツ車専門誌『ジャーマンカーズ』の取材のため、ポルシェ専門店におじゃましました。

清水草一アイコン

 取材したのは、相模原の奥地(本当の奥地)にある、『テクニカルメイト』というお店です。
 ポルシェの専門店に来たのなんて、生涯初めて! こんな機会は『ジャーマンカーズ』でもやってなきゃありえないんで、とてもうれしいです。
 しかし、ハードボイルドな雰囲気だよなあ。ホント、フェラーリ専門店とはまったく空気が違う。今にも戦争始まりそうな感じだよ。これはこれでポルシェに実にマッチしててスバラシイ。このお店は信用できる! って空気が漂ってました。
 

清水草一アイコン

 工場内部には、こんな気合のカタマリのようなクルマもありました。ポルシェのことはからっきしな私ですが、とにかく気合が入りまくっていることだけはわかりました。

清水草一アイコン

 この方が社長の石塚さんです。『ジャーマンカーズ』4月8日売りの次号では、「MJブロンディのニッポンの社長」シリーズに、石塚社長のインタビューが掲載されます。
 クルマのことよりも、どうやったらお金持ちになれるか、商売で成功できるかを探るシリーズですので、ドイツ車好きならずとも読んでいただきたい。

清水草一アイコン

 取材の足には、このBMW318isを使いました。相変わらず白身魚のような淡泊な、操縦性オンリーのストイックなクルマでしたが、修復歴アリなら100万円弱のタマもあるつーことなので、ドリフト修業用にはいいかな? ちょっと欲しいぞ!? と思いました。

清水草一アイコン

 この人が、『ジャーマンカーズ』編集長の谷津君です。ドイツ車専門誌なのに、私のファンつーことで、仕事をくれています。愛車はベンツだけどいい人です。
 彼は私の御茄子様を運転したこともあり、「神を見ました」と言っておったのですが、当日は、「フェラーリはすばらしいですけど、全然欲しいとは思いません」と、衝撃的な発言をしました。
「なんで!?」
「いや、カッコよすぎて、恥ずかしいなと」
 なんてこった。すごい変わり者だ‥‥。
 彼の今後の人生の目標は、「美人秘書を抱えられる身分になり、セクハラをすること」だそうです。それはまともだ。オレもしたいぞ。

清水草一Facebook個人ページにて、そういち徒然草へのコメントをお待ちしております!

清水草一書籍

徒然草記事ループ
そういち徒然草月別アーカイブ
そういち徒然草月別アーカイブ
お知らせ
自主制作DVDのお知らせ
清水草一とつながる
清水草一とつながる

清水草一個人のFacebookアカウントやYouTubeチャンネルへのリンクです。お友達申請・チャンネル登録をよろしくお願いします!

清水草一個人ページを見る YouTubeを見る

YouTubeチャンネル
清水草一YouTubeチャンネル
スポンサーリンク下部
スポンサーリンク