2018年3月7日
ディーゼルは終わりなのか

昨日の日経夕刊一面であります。

清水草一アイコン

記事の内容は、トヨタが欧州でのディーゼル乗用車販売から撤退するという内容で、今日の朝刊にも関連記事として「ディーゼル終わりの始まり」という見出しが躍っております。

欧州におけるディーゼル乗用車の販売比率は、今後下がっていくことは間違いないでしょう。ただ、もともと5割もあったのが高すぎたとも言えますし、これはひとつの市場調整だと考えております。

トヨタはもともとディーゼルにあまり力を入れておらず、欧州での販売比率も1割強しかなかったので、ここ数年あちらで急激に売れ始めているガソリンハイブリッドに注力するというのは、企業として正しい選択と存じます。

これでディーゼルが終わるわけではなく、選択と集中が始まっただけであります。

ディーゼルが得意なメーカーは続けるし、苦手なメーカーは撤退する。低コストで高性能なディーエルエンジンを生産できているマツダがディーゼルから撤退はずはないし、その他多くの欧州メーカーも同様かと思います。徐々に脱落は出るでしょうが。

清水草一アイコン

というわけで、まだディーゼルが終わるわけでもなんでもありませんし、特に日本ではまだまだマイナーな存在だけに、逆に増える余地が大アリなのですが、こういう報道があると、いまのうちにディーゼルを楽しんでおこうという気持ちになりますね!

 

エリート特急こと320d、スバラシイです。大満足してます。明日はVWパサートのディーゼルと対決してきます。

清水草一Facebook個人ページにて、そういち徒然草へのコメントをお待ちしております!

徒然草記事ループ
そういち徒然草月別アーカイブ
そういち徒然草月別アーカイブ
お知らせ
自主制作DVDのお知らせ
清水草一とつながる
清水草一とつながる

清水草一個人のFacebookアカウントやYouTubeチャンネルへのリンクです。お友達申請・チャンネル登録をよろしくお願いします!

清水草一個人ページを見る YouTubeを見る

清水草一メールマガジン
メールマガジン登録

こちらでご登録いただくと、月イチ(目標)で、清水草一メールマガジン『節約通信』を配信させていただきます。 実にツマランものですが、ハナクソほじり程度の暇つぶしにしていただければ幸いです。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

性別: 男性 女性

生年月日:

YouTubeチャンネル
清水草一YouTubeチャンネル
スポンサーリンク下部
スポンサーリンク