そういち徒然草

バックナンバー:  

笹子トンネル天井崩落

日付/2012.12.02

 心が痛みます。

 自然災害ではなく、老朽化(おそらく)によって崩落したことが問題です。
 日本のインフラは、これから続々と寿命を迎えます。
 これを放置することはできません!

 もちろん首都高もです。似たような事故がいつ起きても不思議はない。

 民営化の際、高速道路会社は、45年間で建設費を返済することが決まりましたが、維持・補修費は45年間均一で、一切増加しない想定になっています。
 しかし現実には絶対に不可能です。

 道路公団民営化は大成功でしたが、維持・補修に関しては大きな問題点が残っていました。
 今後はそれを解決して行かねばなりません。

 料金収入の範囲内で直すのか、一部公費負担で直すのか。会社ごとに財務内容が異なるため(NEXCOには余裕があるが首都高・阪高にはない)、ケースバイケースの対応が必要と考えます。